株式会社co-meeting

株式会社 co-meeting の公式 note です。とあるソフトウェア会社が、楽し…

株式会社co-meeting

株式会社 co-meeting の公式 note です。とあるソフトウェア会社が、楽しく・充実した働き方を目指すなかで「感じたこと」や「やってみた工夫」などを発信しています。

マガジン

  • co-meetingエンジニアブログ

    co-meetingのエンジニアが日々調べたことや勉強会のアウトプットなどを公開していきます。Salesforceに関することが多くなりそうです。

  • コピペテック

    • 80本

    最近の気になるテクノロジーをコピペくらいで気軽に楽しめるチュートリアルコンテンツを配信していきます by 株式会社co-meeting(http://www.co-meeting.co.jp)メンバー

  • co-meetingな日々

    • 22本

    co-meetingで行っている社内交流やライフスタイル、フルリモートでの働き方ノウハウをまとめたよ

  • Flow Component Samples

    Flow Component Samplesパッケージの紹介とパッケージの作り方をチュートリアルとして公開しています。

  • co-meetingの課外活動

    • 14本

    株式会社co-meeting(http://www.co-meeting.co.jp)の社内のコピペテック枠を利用した課外活動(社内ハッカソンとか)をご紹介

    • co-meetingエンジニアブログ

    • コピペテック

      • 80本
    • co-meetingな日々

      • 22本
    • Flow Component Samples

    • co-meetingの課外活動

      • 14本

最近の記事

DataWeave in Apexを使うためのDataWeave入門

こんにちは。木村です。 この記事はWinter '24でGAになったDataWeave in Apexを使えるようになるための記事です。そのためにはDataWeave言語自体を知る必要があるので最低限押さえておく必要があることを解説し、最後にApexで使うと便利そうなユースケースも合わせて紹介します。 対象読者はSalesforceコアプラットフォームエンジニアでDataWeaveを知らない方です。と言っても私もDataWeave初心者ですが… なお、この記事は2月28日

  • プログラミング謎解き小説「コードに隠された真実」(ChatGPT生成)

    はじめに[注意] この小説はChatGPTで生成されました。多少構成は変更しましたが、文章は一切修正していません。この「はじめに」だけを人間が書いています。 こんにちは。木村です。 技術書典16でプログラミング謎解きゲームブックを作りたいなと思い、ChatGPTでいろいろ相談していたところ、意外とChatGPTだけでそれっぽいの(ゲームブックは難易度高く一旦小説です)が生成できてしまいました。副産物ということでその出力結果の小説を共有します。問題はしょぼいですが、完全自動

    • [Spring '24] 気になるリリースをピックアップ ~Apex関連~

      はじめにこんにちは、荒武です。 Spring '24のリリースノートから気になるリリースをピックアップするシリーズ記事となります。 この記事では自分がSpring '24のリリースノートの中からApex関連で気になったトピックをピックアップして紹介します。  今回私がピックアップしたのは以下の5つになります。  Null 合体演算子の使用 ランダムに生成される UUID v4 のサポート Apex での Zip ファイルの圧縮および抽出 (開発者プレビュー) Apex

      • [Spring '24] リリースノートからピックアップ〜フロー編〜

        こんにちは、co-meetingにてエンジニアしているハナミズキです。 この記事は先日のゆるっとSalesforceトーク #26 Spring '24リリースノート輪読会で発表した内容をまとめたものです。Spring '24のリリースノートからフロー関連で気になるリリースをピックアップしました。 Create Multiple Instances of a Set of Fields with the New Repeater Component (Beta) 繰り返し

      DataWeave in Apexを使うためのDataWeave入門

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • co-meetingエンジニアブログ
        株式会社co-meeting
      • コピペテック
        株式会社co-meeting 他
      • co-meetingな日々
        株式会社co-meeting 他
      • Flow Component Samples
        株式会社co-meeting
      • co-meetingの課外活動
        株式会社co-meeting 他

      記事

      記事をすべて見る すべて見る

        [Spring '24] 気になるリリースをピックアップ ~LWC関連~

        こんにちは、町田です! Spring '24のリリースノートから気になるリリースをピックアップするシリーズ記事となります。 この記事は、LWC編となります。 LWC API バージョン 60.0での変更点まずはLWC自体のアップデート情報です! API バージョン60.0は LWC OSSの salesforce/lwc at v5.0.0 ベースとなります。 空のテキストノードが空のコメントノードに置き換わる SSRをしている場合にサーバー側とフロント側でDOMの解釈

        [Spring '24] 気になるリリースをピックアップ ~LWC関連~

        [Spring '24] スクラッチ組織スナップショットがベータ公開!

        こんにちは遠藤です。 Spring '24のリリースノートから気になるリリースをピックアップするシリーズ記事となります。 昨年のSalesforceのイベントなどでちらほら目にしていたスクラッチショットスナップショットがSpring '24でベータ公開されるそうです。 リリースノートの該当するページは、以下の「スクラッチ組織スナップショット (ベータ) を使用したスクラッチ組織の設定の取得」になります。 現時点ではまだプレビューでアカウントセールスにコンタクトする必要

        [Spring '24] スクラッチ組織スナップショットがベータ公開!

        [Spring '24] 指定ログイン情報の外部ログイン情報で「基本認証」が選択できるよううになったので試してみた

        こんにちは、遠藤です。 Spring '24のリリースノートから気になるリリースをピックアップするシリーズ記事となります。 この記事では、以下の「指定ログイン情報に基本認証プロトコルを使用」について実際にプレビュー組織で試してみたのでその使い方をまとめてみました。 基本認証自体は、もともとカスタムヘッダーでBASE64ENCODE関数を使えば実装できていましたが、よく使うので簡単に利用できるようにした機能のようです。 指定ログイン情報での基本認証の使用 指定ログイン

        [Spring '24] 指定ログイン情報の外部ログイン情報で「基本認証」が選択できるよううになったので試してみた

      • 最愛の愛猫をVScodeに貼り付ける拡張プラグインを作ってみた

        こんにちはハナミズキです。いつの日だったか、なにげなくX(旧Twitter)のタイムラインを眺めていたら、「vscode-pets」と言うとても可愛らしいVSCode拡張プラグインがあることを知りました。今回はこのvscode-petsをリスペクトし、最愛の我が猫様を開発中に眺めることができるようなそんなVSCode拡張プラグインを作ってみたので紹介します。 こんなの作ってみたよひとまず完成した見た目です。 たったコレだけです!少し改善したい部分もありますが、ひとまずは特

        最愛の愛猫をVScodeに貼り付ける拡張プラグインを作ってみた

      • メンタルヘルストラッキングアプリつくってみた 【終】

        はじめにこんにちは。荒武です。今回はこのシリーズの最終回で、アプリの紹介記事になります。こちらからiPhoneをお持ちの方はこちらからぜひインストールしてみてください。 使い方このアプリは時系列で自分の気分を記録・トラッキングしていくカレンダーアプリで、名前は「emoLogApp」といいます。(Emologが先に使用されていてこの名前になりました😇) はじめに、アプリを起動すると月のカレンダーが表示されます。 気分を記録したい日付をタップするとその日付の気分とメモを入力す

        メンタルヘルストラッキングアプリつくってみた 【終】

        Dreamforce 2023レポート 〜次に初めて行く人のためのメモ〜

        こんにちは遠藤です。 昨年のDreamforce '23にはco-meetingからは私遠藤と荒武の2人が参加してきました。9月の「ゆるっとSalesforceトーク #21 Dreamforce報告会 #DF23」にて簡単な報告会をしたあと、なかなかレポートをまとめる時間がとれずにいましたが、年末に少し時間が取れたので改めて覚えていることをまとめておくことにしました。 私は今回初めて参加させていただきましたが、実際のDreamforceの様子については現地に行くまでなか

        Dreamforce 2023レポート 〜次に初めて行く人のためのメモ〜

      • リモートワークで雑談を生むために必要な「ゆるい」強制力

        あっという間に大晦日。それもあと数時間で2024年だ。だがギリギリ間に合った。 年の瀬なので、今年始めたうちの会社(co-meeting)の取り組みでうまくいった取り組みの紹介で締めくくりたいと思う。ここ数年ずっと解決できずにいた、リモートワーク下でのある種類の雑談を生み出す手段の話。 ツールだけでは実現できない類の雑談2年前(2020年)にDiscordを利用して雑談がうまいことできれば、リモートワークはもっと楽しくなるよって記事を書いた。 この時はツール(Disco

        リモートワークで雑談を生むために必要な「ゆるい」強制力

        小さく始めるつながり作り〜Tシャツ作りで気づいたインナーブランディングの工夫〜

        みなさんの会社には、Tシャツ、ありますか? そのTシャツを最後に着たのは、いつですか? もしかすると会社から配られたTシャツは、着るように言われなければ着ない、という人がほとんどかもしれません。 せっかく作るならみんなが「着たい」と思えるようなものを作りたい。いや、そこまでは言わないけど、せめて「着てもいいかな」くらいには思ってもらいたい。 そんな思いでTシャツを作っていたら、インナーブランディングは小さなことからも始められるんじゃないかと気が付きました。 今回は、会

        小さく始めるつながり作り〜Tシャツ作りで気づいたインナーブランディングの工夫〜

        CRM AnalyticsとAWS Lambdaを使ってAppExchange App Analyticsデータの可視化を自動化してみた。

        こんにちは、co-meetingの町田です。今回は、SalesforceのAppExchangeアプリの分析サービス「AppExchange App Analytics」で取得できるログデータの可視化を自動化してみました。 では、App Analyticsの概要からはじめていきます! そもそもApp Analyticsとは?SalesforceのAppExchangeアプリの分析ログデータ収集サービスです。AppExchangeアプリが実行したApexやDML操作などのログ

        CRM AnalyticsとAWS Lambdaを使ってAppExchange App Analyticsデータの可視化を自動化してみた。

        Flow in Slackをショートカット・スラッシュから直接呼べるようになったので試してみた

        こんにちは、遠藤です。 この記事は、Salesforce Advent Calendar 2023 の14日目の記事となります。 まだベータですが、いつの間にかFlow in SlackがSalck アプリのショートカットから呼べるようになっていたのに気がつき試してみました。 Run a Screen Flow from a Slack Shortcut (Beta) SlackのコマンドがApexではなくフローで開発できるようになって「ノーコードでSlackと連携で

        Flow in Slackをショートカット・スラッシュから直接呼べるようになったので試してみた

        1on1支援アプリ(1on1Pal)を作ってみた

        こんにちは、荒武です。 この記事は私がAppExchangeアプリ開発の学習用に第2世代管理パッケージで作成したアプリの紹介記事になります。本文ではアプリの概要や使い方、機能についての説明や、作ってみた感想が書かれています。また、こちらのURLからインストールできるので、興味のある方はぜひインストールしてみてください。 1on1Palでできること今回制作したのは1on1支援アプリで、その名も「1on1Pal」です。アプリ上でメモを取りながら1on1を進行でき、トピックが途切

        1on1支援アプリ(1on1Pal)を作ってみた

        Salesforce Winter '24 で気になったリリース(Dev中心)

        こんにちは。木村です。 10月11日に恒例のリリースノート輪読会を開催しました。弊社エンジニアが気になったリリースを取り上げながら雑談する会です。開催からだいぶ時間が空いてしまいましたが、この記事ではそこで取り上げたリリースを紹介します。 Dev系リリースの8割くらいは網羅している気がします。コメントをつけて、コードやスクショを貼っているので、Dev系リリースをざっと把握するならリリースノートより使えるのではないかと思います。 それでは、行ってみましょう! Salesf

        Salesforce Winter '24 で気になったリリース(Dev中心)